スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにが変わったのか

2011年03月27日
20110327b.jpg

 今朝、真鶴は琴ヶ浜に行ってみると、磯で数十羽のウミネコが羽を休めています。なんてことない光景なのですが、ここ琴ヶ浜では、ウミネコが磯にいることは滅多にありませんね。たいてい、ウミネコやカモメは海に浮かんでます。こんな些細な日常にも、ひょっとしてと、やけに敏感になってしまいます。時期的なものでしょうか。
 ウミネコなど鳥は、空から俯瞰して世界を広く見ることができます。こんな時期だからこそ、俯瞰するような広い視野が欲しいです。震災から2週間ほどが経ちますが、はたしてなにが変わったのでしょうか。 

 なにか行動しなくてはとか、なにをすべきなのかとか考えてはみたものの、たいしたことはできそうにもありません。せめて、節操のない衝動的な行動に走らないように、行動のベクトルが決して内に向かないように。今の日本(人)は、平穏な日常のなかで忘れて去ってしまっていた、生きていることの不思議さに気づかされ、パニックを起こしているのではないでしょうか。

 とりあえず、生活する上で余分なものは削るくらいで、淡々と日々を過ごしながら、先々のことはじっくりと考えることにします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。